変形性膝関節症


そもそも、変形性関節症とは、変性疾患と呼ばれ進行性の経過をたどります。
しかしながら、変形性関節症の重症度とはレントゲンでの変形の状態にて判断される為、重症度と自覚症状が必ずしも一致するとは限らない様です。
膝を含めた身体各部位の機能性を高める事で膝自体のストレスを分散致しますと、程度の差はあれ症状の緩和や変性の進行を遅らせる事も可能の様です。
ですから、

『膝から全体を診る目と、全体から膝を診る目』

が大切です。

膝に不安を感じておられる方は、是非一度スポーツドック久留米にご相談下さい。

営業時間